Mar, 2009 /// Proposal by: tekkow // Design by: KRAK // Posted in: Mass Projectile Tees ///
[Tags: Kochi Rebellion, Mass Projectile]
Model: Tsubasa // Photo by: Ikuru

[ 高知白バイ衝突死事故 ]


2006年3月、高知県にて白バイとスクールバスが衝突し、白バイを運転していた県警交通機動隊の巡査長が死亡した事故である。

このスクールバスを運転していた片岡晴彦・元運転手に業務上過失致死罪で禁固1年4ヵ月の判決が下された。
しかし、起訴事実が不十分であり、警察の証拠捏造の疑いがあるとして片岡晴彦・元運転手が冤罪の主張をしている事件である。


事故当時、このスクールバスには遠足の帰り道だった22名の中学生と教員3名が乗車していた。またその後ろには校長が乗用車を運転していた。
事故は高知県・旧春野町の国道で起きた。
片岡晴彦・元運転手は駐車していた飲食店の駐車場からバスを発進させ、中央分離帯を越えて反対車線に右折しようとしていた。
そこへ白バイが衝突し、運ばれた病院で白バイ隊員は死亡した。

この時のことをバスに乗車していた生徒達も後ろで事故の様子を見ていた校長も、
「中央分離帯付近で一時停止していたバスに白バイが時速およそ100kmで衝突してきた」と証言している。

しかし、裁判では検察側は「安全確認を怠って車道へ侵入し、バスの走行中に白バイが衝突し急ブレーキをかけた」と主張。
その急ブレーキをかけた証拠としてブレーキ痕の写真を提示した。


結果として、片岡晴彦・元運転手の弁護側の証人(教員)による証言は却下され、
ブレーキ痕の写真・同僚の証言などが決め手となり高松地裁・高松高裁でともに片岡晴彦・元運転手に禁固1年4ヵ月の判決が下された。




ここで、この事件の大切な鍵となるのは検察側が証拠として提出した「ブレーキ痕」である。

検察によると、バスは駐車場から6.5m進んで急ブレーキをかけ、左1.2m右1mのブレーキ痕を残したという。
しかし、このブレーキ痕に捏造の疑惑が出ている。








- わずか6.5mの走行で1mのブレーキ痕がつくだろうか? -

元運転手側の支援者がこの通りに実験をしても、道路には30cmほどのブレーキ痕しかつかなかった。
また、乗車していた生徒たちも「急ブレーキはなかった。バスは一時停止していた。」と主張している。

さらに片岡晴彦・元運転手は実況見分の途中で逮捕されて、実況見分の立会いを中断され、事故現場から引き離されている。





2008年8月、最高裁から上告棄却が通知され、片岡晴彦・元運転手に対し禁錮1年4月の判決が確定する。
その2ヶ月後の2008年10月に片岡晴彦・元運転手は高知刑務所に収監された。


この事件の裁判では公平な審査がされていないようである。

『同僚だからと言って信用できないわけではない』と事故で死亡した白バイ隊員の同僚の証言が採用され、
『第三者だからといって信用できるわけではない』とバス運転手サイドの第三者の目撃証言は却下されている。




- もし、証拠が捏造され、冤罪事件だとするなら、高知県警は何の為に片岡晴彦・元運転手は逮捕したのだろうか? -

事故2週間前、警察庁交通局から各都道府県警宛にパトカー・白バイの事故防止を求める内容の通達文が出されていたという。
その通達文では事故防止の訓練として緊急走行等の訓練を積極的に行うように指示されていた。

また、事故が起こった場所は地元では有名な白バイの訓練場であったようだ。





ここでは事件の流れを簡潔にまとめているだけなので、この事件の詳細は以下のリンクを見てほしい
-------------------------------------------------------------------------------------------
*この事件のシリーズを放送しているKSB 瀬戸内海放送
http://www.ksb.co.jp/newsweb/indextable.asp?tid=4&sid=7

*ブログ 「高知白バイ事故=冤罪事件確定中 」
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737

*ブログ 「高知白バイ事件=片岡晴彦収監中」
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/

*ブログ 「雑草魂」
http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954

*片岡晴彦さんを支援する会HP

http://www.geocities.jp/haruhikosien/index.html
-------------------------------------------------------------------------------------------


2008年3月に片岡晴彦・元運転手は白バイ事故の捜査過程で『証拠隠滅』があったとして、
高知県警警察官(被告訴人不詳)を告訴していた。

告訴を受理した高知地検は同年9月に証拠隠滅の嫌疑は全く無いとして警察官を「不起訴処分」にした。

この不起訴処分に対して片岡晴彦・元運転手は「不起訴不当」として、高知検察審査会に不服申し立てを即日行っていた。
2009年1月28日、この審査会より「不起訴不当」の議決が出された。

しかし2009年2月23日、この告訴は再び不起訴となっている。

上記の解説文が正常に表示されない場合があります。
別ウィンドウで読む場合はコチラをクリック。
■Kochi Rebellion

   Price 3,800 yen 

   Color(body/print)   Size   Option  


この商品は[Option]でポケットの有無が選択できます。どちらを選択されても値段は一緒です。
それぞれボディーのサイズが多少異なりますのでご注意ください。
寸法をよく確認してからご注文ください。


■MENボディーサイズ/ポケット付
(cm) S M L XL
身幅 48.0 53.0 57.0 62.0
着丈 70.0 73.0 77.0 81.0
■MENボディーサイズ/ポケット無
(cm) S M L XL XXL
身幅 45.7 50.8 55.8 60.9 66.0
着丈 71.1 73.6 76.2 78.7 81.2
■WOMENボディーサイズ
(cm) S M L
身幅 45.7 50.8 55.8
着丈 63.5 66.0 68.5
■KIDSボディーサイズ
(cm) XS S M L
身幅 40.6 43.1 45.7 48.2
着丈 50.8 55.8 59.6 63.5
上記のサイズ表はあくまで目安となります。
全体的に少し大きめな作りになっています。
特にLサイズに関しては若干大きめなので、Lサイズをジャストで着るなら一段下のMサイズをおススメします。


※商品をカートに入れる際に購入するサイズ・カラーを必ず確認してからご注文ください。
※万が一、購入希望の商品をお間違えになった場合でも交換・返品はお受けできませんのでご了承ください。
※大きいサイズをご希望の方はCONTACTのメールフォームよりお問い合わせください。
ショッピングカートの確認 | 送料・支払方法 | 特定商取引法に基づく表示
Copyright(c)2008.MASS PROJECTILE. All right reserved.